草加 ポスティング

草加市へのポスティングをお考えの方へ ポスティングの前に草加市を知り草加市を考える

よく知った草加市でも街をデータ化し、分析することで見えてくる物もあります。

河川、道路、線路など、人の往来を遮断するもの、駅、商店街、役所など、人の集まる場所。

これらはポスティングに深く関係してきます。

人の流れを分析し、ご予算の中で最も効率の良いポスティングをOPSと一緒に考えていく必要があります。

根拠を持ったポスティングはご予算を抑えるだけではなく、データと言う形でお客様の財産となります。

ポスティングのデータを蓄積し、データから対策をとることでお客様の今後の広告方法、運営の指針となるはずです。

せっかくのポスティングです。出来る限り効率的、かつ低予算で最大限の効果を発揮してもらい。そしてポスティングの結果をお客様の運営に活かしてもらいたい。

これこそが地域密着型ポスティングOPSの考え方です。

POINT.1 草加の地形について

関東平野の中央に位置し、海抜は4m以下。自然堤防による緩やかな高地と湿地から形成された低地で、自転車や徒歩の移動に妨げは少ないと考えられます。

集落は微高地に多く草加駅東はデパートなどの再開発ビル群、商店街、駅西住宅街という構成です。ベッドタウンとしての側面もあるため、駅利用を考えた線路を起点としたポスティングが重要となってきます。

POINT.2 草加の河川について

元々湿地で水害に悩まされた地域ですが、外環自動車道の治水工事に伴い激減しています。市内には綾瀬川をはじめ多くの河川が存在するため、橋の位置を考えたポスティングをしないと川向こうに無意味な配布をしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

POINT.3 草加の道路について

外環自動車道(国道298号)、による生活圏の分断は決定的で、ポスティングの際は店舗側と道路向こうに対しての考察は必須です。

また、国道4号線は縦に分断する線を形成しているため、確実に人の往来が見込める学区の境界線を一つの目安として考えることを推奨しています。

POINT.4 草加の線路について

伊勢崎線による生活圏への影響は確実です。地域ごとの利用駅と、線路の東西を調査する必要があります。どの地域の方がどの駅を利用するかという点はポスティングにおいてとても重要な点となるので、店舗近隣の人の流れを把握する必要があります。

草加市のポスティング総括

2000年に彩の国中核都市に指定、2004年に特例市に移行。松原団地の建て替え、再開発や草加宿を中心とした都市計画が進み都心まで約15kmという立地も手伝いベットタウンとしての役割を果たしています。1900年代後半から人口が急激に増え、住宅地が増加しています。商圏エリアの住宅地を調査することが重要です。

国道298号、国道4号、線路、河川で地域を区切ると比較的簡単にポスティングエリアの絞り込みができますが、地域分けが細かくなるため部数を少なく考える場合は何度かに分けて効果のデータを蓄積していくことを推奨します。

市の木 マツ 市の花 キク シンボル ハープ
総人口 248,053 人 面積 27.46 ku 人口密度 9,030 人/ku
世帯数 104,376 世帯 平均年齢 42.2 歳 増加率 0.38 %

谷塚駅・草加駅・松原団地駅・新田駅(東武伊勢崎線)
バス 国際興業バス/ 東武バスセントラル/ 朝日自動車
隣接地域 【埼玉県】 川口市、越谷市、三郷市、八潮市、吉川市 【東京都】 足立区
草加市北部草加市中部草加市 三郷市へポスティングをお考えの方はこちらから! 八潮市へポスティングをお考えの方はこちらから!
ポスティングのOPS
無料お見積り
OPS

Copyright(c) 2015 株式会社OPS All rights reserved. カモミール / かもナビ